難関高校受験専門塾 最高レベルの教育を文学の町尾道で

指導方針

  • HOME »
  • 指導方針

当塾では、すべての受験科目に精通し、幅広い知識を持った講師が全面的に生徒のバックアップをしていきます。定員数も目が届かないような大人数ではなく、個々に目が行き届く少人数制で、きめ細かなフォローアップと必要な知識のサポートを行っていきます。

少人数制

当塾は全クラスにおいて定員数15名の設定で、生徒同士もスタッフも「見知らぬ人」がいません。大規模予備校のように生徒の顔も名前も志望校も特徴も把握できないほど、激しくざわざわした環境ではありません。スタッフが全生徒の学習状況を把握でき、一人一人に充分に目が届く形を目指し、絶対にさぼらせることがありません。少人数だからこそ切磋琢磨し、お互いに協力して、意識を高め合うことができます。高い目標へと向かって、黙々と、そしてお互いに気配りをしながら、知識を磨き上げ、成長することのできる環境は他に類を見ません。

発問とモチベーショニング

少人数制の強みとして、授業内での徹底的な対話・発問を行うことができます。
生徒個々人のレベルを把握しているので、各人に合った発問をすることができます。「なぜかぎりぎりで覚えていないところや、あやふやだったところばかりが当たる」といったような生徒の苦悩まじりの発言を受けることがありますが、その生徒の定着レベルを把握しているからこそできるものです。そして、授業内で間違えたものは、かなり強い記憶として頭に残ります。また、ただ知識を問うだけでなく、頭を使って発展内容に誘導する発問も行い、応用的な智慧へと結びつけていきます。複数の科目が指導できるという強みのもと、科目間の横断的発問をすることによりさらなる定着と、学問のつながりを実感することで、学問をすることの知的興奮を高める授業になっています。
さらに授業内において、受験や、職業、社会問題について高い意識をもつことができるよう、充分な対話を行います。ただ教科内容を伝えるだけではなく、考え方、態度、知識の多方面にわたり「やる気」を維持できるように、自分の努力を最大限に発揮できるように、「熱い」モチベーショニングを徹底します。

学習カウンセリング

学習方法や学習内容、志望大学などの面談を行います。学習スケジュールを組み、実際にそれに取り組み、できなかった部分を改善していくPDCAサイクルを徹底し、効率の良い学習を目指していきます。
また、県立高校入試に対応するための論述対策、自校作成問題に対応するための対策などを行っていきます。

PAGETOP
Copyright © 受験屋本舗さかた塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.